令和3(2021)年度冬期 札幌での大雪時のSNS分析

札幌市では、令和3(2021)年度冬期に4回の大雪に見舞われました。中でも、令和4(2022)年2月5日〜6日には24時間で60cmの降雪があり、24時間降雪量の最多記録を更新しました。

 

このような大雪時には、SNSでの情報発信にも変化があったと考えられます。SNS(Twitter)に投稿された大雪関連の投稿データを抽出し、投稿件数の推移の分析と投稿内容をテキストマイニング(自然言語解析の手法を使って文章データを解析して情報を取り出す分析方法)した結果をレポートします。

 

2月5日(土)〜6日(日)の大雪時には、雪関係のツイートが1日で300件を超え、翌7日(月)には100件近くの道路・交通トラブルのツイートがありました。

 

また、月ごとのツイート内容を分析すると、2月には「埋まる」「スタック」に関するツイートが多く見られました。

 

詳しくはこちらをご覧ください→<「令和3年度冬期 札幌での大雪時のSNS分析」レポート

GW連休期間(5月3日〜5日)の主要駅、公園の人流レポート

2022年は、3年ぶりに行動制限の無いゴールデンウィークとなりました。

 

このような中、ゴールデンウィーク連休中の主要駅や公園の人流は、過年度と比較してどのように変化したのか、スマートフォンから取得した位置情報ビッグデータ(KDDI Location Analyzer)を用いて分析した結果をレポートします。

 

分析対象エリアは主要駅、札幌市内の公園で、年によって休日の配置が異なるので、各年ともに休日だった5月3日〜5日の人流を比較しました。

 

J R札幌駅、新千歳空港駅周辺は、緊急事態宣言下だった2020年に比べると大幅な人流の増が見られました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

→ <GW連休期間(5月3日〜5日)の主要駅、公園の人流レポート

札幌市内の人流レポート(2022年4月)

2022年1月27日に適用されたまん延防止等重点措置は3月21日をもって終了し、年度末・年度初めを迎えました。

 

このような中、2022年4月の札幌市中心部の人流はどのように変化したのか、スマートフォンから取得した位置情報ビッグデータ(KDDI Location Analyzer)を用いて分析した結果をレポートします。分析対象エリアは、地下鉄南北線さっぽろ駅、すすきの駅の周辺です。

 

さっぽろ駅周辺、すすきの駅周辺ともに、3月末、4月はじめの平日20時台に人流の増が見られました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

→ <2022年4月さっぽろ駅の人流レポート
→ <2022年4月すすきの駅の人流レポート