札幌市内の人流レポート(2022年8月)

2022年8月は、3年ぶりに行動制限の無いお盆休みを迎えました。札幌市の新型コロナウイルス感染症の感染者数は、8月19日に過去最多の3,757人を記録した後は減少傾向に転じました。

 

このような中、2022年8月の札幌市中心部の人流はどのように変化したのか、スマートフォンから取得した位置情報ビッグデータ(KDDI Location Analyzer)を用いて分析した結果をレポートします。分析対象エリアは、地下鉄南北線さっぽろ駅、すすきの駅の周辺です。

 

さっぽろ駅周辺、すすきの駅周辺ともに7月より人出が少なく、特に、お盆時期に人流の減が見られました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

→ <2022年8月さっぽろ駅の人流レポート
→ <2022年8月すすきの駅の人流レポート